業務システム向けRPAツール WinActor

パソコンでの定型的な繰り返し作業や、大量データを扱う作業を正確に再現するソフトウェアロボット(RPA)です。

概要・特長

WinActor(ウインアクター)は、人が Windows PC 上で行う様々な操作を、「シナリオ」として記録・編集し、自動で操作するソフトウェアです。
定型的な繰返し作業や、大量データを扱う作業を、正確に再現することが可能です。

WinActorの概要

利用シーン

業務の自動化により、業務の効率・品質・コストが改善されます。

1. 定型作業にかかる稼働・コストを削減したい。

定型作業に要する時間を削減し、貴重な人材&時間をより有効的な業務へシフトさせることが可能です。

2. 誤入力等の事務ミスを防止したい。

誤入力、チェック漏れ等、事務ミスを低減することが可能です。人がチェックする箇所を局所化することで稼働削減をすることが可能です。

3. システム改修費用・リスクを抑えたい。

システム開発よりも低コストでシステム間のデータ連携を実現できます。
システム開発よりも短期間で自動操作シナリオを作ることができます。
期間限定・大量処理が必要な業務に対して柔軟に対応できます。

WinActor®の活用例

仕組み

4つの自動操作インターフェースを用いてあらゆるソフトの操作を実現します。

WinActor®の仕組み

※ WinActorはエヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

導入事例

  • 導入規模(目安)

  • 1〜100名

    1〜100名

  • 101〜300名

    101〜300名

  • 301〜1,000名

    301〜1,000名

  • 1,001名〜

    1,001名〜

オンラインセミナー

製品・ソリューション に関するお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

プライバシーマーク

弊社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JEPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。