基本戦略・DX戦略

基本戦略

強化・変革・整備の3本柱を、飛躍に向けた基本戦略とし、持続的な事業成長をめざします。

強化ソリューションの強化

これまでの開発や業務ノウハウを生かし開発スタイルを改革・DX素材も融合し競争力あるソリューションを創出

従来のエリア別組織とは別に横断型の事業・ソリューション別の組織を強化し、効果的な組織改革も実行。

変革営業スタイルの変革

お客様の購買行動の変化に対応するためwebを含めたお客様との接点を強化するデジタルマーケティングを推進

様々なチャネルでお客様と接することでお客様の課題を理解し価値創造という解決型提案力の向上で信頼関係を構築。

整備DX基盤の整備

既存の業務プロセスを根本から見直し業務の効率化を推進し生産性を向上、IT・DX技術を活用し社内IT基盤を刷新。

経営や営業に関わる様々な情報において更にデータの精度向上と可視化を進めデータ活用による意思決定の迅速化。

DX戦略

ソリューション開発の推進

IT・DX技術を活用してアプリケーション開発基盤と開発スタイルを刷新し、お客様体験価値の高い業務パッケージを提供します。
業務パッケージはお客様のニーズに応える利便性、機能性及びカスタマイズ性を備える先進技術との組み合わせによる価値向上を追求します。

デジタルマーケティングの推進

自社や外部のwebサイトやオンラインセミナーなど、様々なチャネルや手法でお客様との接点を増やし、お客様の購買行動の変化に対応します。
多様なお客様接点を増やしニーズを感じ取り、 PUSH型営業からデジタルを活用したPULL型の営業スタイルにシフトし、営業効率を高めます。

社内業務の効率化・高度化の推進

既存の業務プロセスを抜本的に見直し、業務効率を高めることで、 IT・DX技術を活用した社内情報システムに刷新します。
日常業務の省力化・自動化で効率化を図り、新たな業務への取り組む高度化を推進し、従業員がより創造的な作業に集中できる環境を整備します。

経営や営業活動のデータ精度向上と可視化の推進

経営情報・案件情報・開発工程情報など、社内にある情報のデータ化とデータの精度向上をした上で一元管理し、社内情報資源を充実させます。
この資源をBIやAIでリアルタイムな分析ができる環境を整え、従業員のデータ分析力を高めることで、経営や業務の意思決定を迅速にします。

セキュリティの向上

データ保護とアクセス管理を最重要課題と捉え、セキュリティ評価、監視・運用、及び従業員教育など、リスクに耐え得る施策を強化します。
社内外の脅威に対しセキュリティを強化し、従業員の教育訓練で人的対応力を上げることで、セキュリティインシデントを未然に防ぎます。

推進体制

DX担当役員を全体責任者、事業改革推進本部・DX推進室がDX推進取り纏めとし、各部門代表者が参加するDX推進プロジェクトやワークショップを設置。ステークホルダーに対する情報開示は、各部門が実施する。

nc-soshiki.jpg

DX戦略とKPI

項目 KPI
IT・DX技術を活用したソリューションの創出 1件以上/年
デジタルマーケティングの推進 Web経由の新規リード獲得率 50%以上
社内業務の効率化の推進 社内業務の効率化の件数 3件以上/年
経営や営業のデータ精度向上と可視化の推進 社内情報資源の件数 3件以上/年
セキュリティ強化策の推進 社員教育と訓練 2回/年
社内のデジタル人材の育成 G検定取得 5名/年
外部のDX知見者との連携推進 外部の企業・大学との連携 2社以上
ニッセイコム に関するお問い合わせ

お問い合わせ

プライバシーマーク

弊社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。