BIツール・データ基盤ソリューション

Dr.Sum

Dr.Sumは、データ収集・加工・蓄積・分析までを超高速化して行う"データ基盤ソリューション"です。

概要・特長

Dr.Sumとは

製品紹介

Dr.Sumは、データベースエンジンを中心に、インターフェイスやデータ統合・更新ツールを組み合わせてご利用いただけます。

index_img_03.png


インターフェイス

Dr.Sum Datalizer for Excel
Sum1.PNG

設計・分析・保存を素早く実行
Dr.Sum Datalizer for Excelは、Excel上で操作する集計レポーティングツールです。使う人の目的に応じて、自由な集計からレポート作成、さらに高度なOL AP分析まで行えます。Excelと親和性が高く、集計表からExcelレポートや動的なグラフを、簡単かつスピーディーに作成できます。


Dr.Sum Datalizer for Web
Sum2.png

把握・報告・共有に応える集計レポーティングツール
Dr.Sum Datalizer for Webは、Webブラウザー上で操作する集計レポーティングツールです。複雑な検索条件式や公開するレポートの範囲など、面倒な設定をノンプログラミングで実現し、Webブラウザーで快適な利用環境を提供します。


MotionBoard
Sum3.jpg

可視化・モニタリング/アラート・高度な分析を実現するダッシュボード
MotionBoardは、表現力と分析力を兼ね備えたダッシュボードです。データを簡単にダッシュボードで可視化できます。生産状況や設備状況のモニタリング/アラートが行えるなど、BIツールを超える機能を数多く搭載しています。


データ統合・更新

Dr.Sum DataLoader
Sum4.png

効率的にデータをインポート。データ投入を中心とした開発・運用を大幅に軽減します。


Dr.Sum Connect
Sum5.png

複数のシステムとの連携に様々なデータソースを統合。データ更新処理の自動運用も可能です。


DS Script~データ加工などの手続きをスクリプトで記述でき、統合開発環境も提供~

Sum6.PNG

Dr.Sumを利用する際に必要となるデータのインポートの処理や、事前の加工・集計処理など、一連の手続きをまとめて記述でき、インメモリ機能により高速なデータ加工処理も実現したスクリプト機能を実施しました。統合開発環境も同時に用意し、強力な支援を受けることができます。


Dr.Sumが選ばれる6つの理由

2001年の発売以来、6400社以上の現場部門が利用するシステムとして活用されています。


1.全社で利用できるBIプラットフォーム

cloud_feature1_a.png

Dr.Sumは、社内の様々なデータを蓄積する「データ基盤」です。様々な連携製品でIT部門がデータ活用の環境を整備し現場に展開、ユーザーは主体的に取り組める。データのガバナンスを確保しながら全社で利用できるBIプラットフォームです。


2. 超高速集計が業務の流れを加速

cloud_feature1_a.png

インメモリエンジンにより10億件のデータも1秒台※で集計。また、数百億件の大容量データに対応するデータベースエンジンです。チューニングレスで超高速に集計します。 ※ウイングアーク1st株式会社の計測環境による実行結果


3. 専門知識を必要とせずに誰でも使える

cloud_feature1_a.png

Excel、Webブラウザー、ダッシュボードのインターフェイスは、直観的に操作できるので、専門知識は必要ありません。社内のすべての人が機能を最大限に活用できます。


4. 容易な操作でできるデータメンテナンス

cloud_feature1_a.png

Excel、ダッシュボードで入力したデータをDr.Sumに直接格納し、データのメンテナンスを行うことができます。


5. 欲しいデータを欲しい形で入手できる

cloud_feature1_a.png

Excelを使った自由分析や、Webブラウザー上で加工できるインターフェイス(Web OLAP)で、見たいレポートを自由に作成できます。


6. ユーザー数の増加に伴う追加コストが発生しない

cloud_feature1_a.png

Dr.Sumは、部門、役職など問わずに全社員が自由にデータを活用できる「データ基盤」です。様々な連携製品で、IT部門がデータ活用の環境を整備し現場に展開、ユーザーは主体的に取り組める。データのガバナンスを確保しながら全社で利用できるBIプラットフォームです。


その他機能

Data Funnel ~データの変化を見逃さない~

「変化」「時刻」「条件」といった、リアルタイム固有の処理を強化。これにより、現場で発生する典型的な分析やデータ加工をUIで設定可能になります。また、リアルタイムでデータの変化を検知し、MotionBoardやDEJIRENにアラートを通知。IoTにおける異常や故障の検知、変化点を見逃すことなく迅速な対応が可能になります。sum5_function2.png



Datalizer Professional for Excel~データ分析だけではない新しいExcelの活用

Excel上から、データベースへのテーブル新規作成及びデータの追加、編集、削除が一括更新で可能となります。手元にあるCSVやExcelなどのデータテーブルとして手軽にアップロードや、クロス集計後の結果からターゲットを指定したデータを抽出後にExcelで簡易に更新ができます。

sum5_function4.png

※Dr.Sumは、ウイングアーク1st株式会社の登録商標です。

導入事例

  • 導入規模(目安)

  • 1〜100名

    1〜100名

  • 101〜300名

    101〜300名

  • 301〜1,000名

    301〜1,000名

  • 1,001名〜

    1,001名〜

製品・ソリューション に関するお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

プライバシーマーク

弊社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JEPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。