SIM対応閉域VPN+多要素認証サービス

「SIM対応閉域VPN+多要素認証サービス」は、閉域網による通信と多要素認証により、安全で快適なテレワーク環境を提供するサービスです。

概要・特長

「SIM対応閉域VPN+多要素認証サービス」とは

社内ネットワークへの通信は、不特定多数から直接アクセスを受けない“閉域網”を利用することで安全性を確保します。さらに、生体認証+デバイス認証+SIM認証の多要素で認証することでなりすましを防止します。

sim-image-01.png


「閉域網」とは

インターネットが「開かれている」状態であるのに対し、閉域網の「閉」は「閉じている」状態を指します。特定多数から直接アクセスを受けない、インターネットから物理的・論理的に分離されているネットワークです。


閉域網によるネットワーク接続イメージ

sim-image-03.png

「多要素認証」とは


物理的なセキュリティが確保されている執務室では、ID・PWによる認証だけで十分でしたが、テレワークでは実際にパソコンを使用している姿は見えないため、より強固な認証が必要になります。多要素認証では、「指定のネットワークから接続しているか?」「指定のデバイスから接続しているか?」「本当に本人か?」といった3つの要素で認証を行います。

sim-image-02.png


導入メリット

  • メリット01 セキュリティを担保した環境からのリモートアクセス

    インターネットを使わない閉域網接続で不正アクセスを防ぎ、多要素認証「生体認証(顔 or 指紋認証)+デバイス認証+ネットワーク認証」でなりすましを防ぎます。

  • メリット02 出社時と同じITリソースを利用可能

    社内でPCを利用する仕組みと同じため、会社のITリソースが利用でき、在宅勤務でも作業効率を落とさずに業務ができます。

  • メリット03 従業員に費用負担はかかりません

    個人資産(パソコン/回線)を使用せず、社内のセキュリティポリシーに沿った機器、ネットワーク環境を従業員に貸与するため、従業員に費用負担はかかりません。

  • メリット04 パソコンの紛失・盗難対策が万全

    AD(アクティブディレクトリ)の設定でログイン不可にすることで、社内ネットワークへの接続できないようにします。さらに、SIMの通信を停止することで、通信そのものを遮断することができます。

  • メリット05 通信速度は社内ネットワーク環境とほぼ同等

    通信速度は、基地局間の電波状況や立地条件により異なりますが、社内ネットワーク環境での利用とほぼ同等です。

  • メリット06 パソコン1台で社内・社外勤務の両方に対応可能

    社内ネットワークへ直接接続するため、社内・社外兼用のパソコン1台で対応可能です。また、自宅、外出先、移動中どこからでも利用可能です。

機能一覧

認証機能

端末情報
IMEI、クライアント証明書


SIM情報
電話番号、IMSI、ICCID


生体情報
顔もしくは指紋情報から変換されたキー

自動構成機能

企業が保有する既存ADサーバーと本サービスのユーザー情報を同期する機能

ユーザー管理機能

  1. 組織管理
  2. ユーザー管理
  3. SIM管理
  4. 端末管理
  5. SIMと端末組み合わせ管理
  6. 複数要素認証組み合わせ管理
  7. 認証操作閲覧


※ Windows Helloは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

製品・ソリューション に関するお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

プライバシーマーク

弊社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JEPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。