消費税軽減税率対策補助金の指定業者に登録
- B-1型に加えA-4型とC-1型に登録 -

2019年04月15日

株式会社 ニッセイコム

株式会社ニッセイコム(本社:東京都品川区/取締役社長:荻山得哉/以下、ニッセイコム)は、中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金の「B-1型 受発注システム・指定事業者改修型」に加え、「A-4型 複数税率対応レジの導入等支援(POSレジシステム)」と「C-1型 請求書管理システム 指定事業者改修・導入型」の指定業者に登録されました。

2019年10月に消費税率(10%)引き上げ及び、同時に実施予定されている消費税軽減税率制度(複数税率)に対応するためのシステム改修に、課題をお持ちの事業者様がいらっしゃることと存じます。弊社は課題をお持ちの事業者様向けに、システム改修はもちろん補助金申請などの面でお手伝いをさせて頂きます。

※ 補助金の支給には中小企業庁の審査があります。
※ 支給条件、支給額は「軽減税率対策補助金」公式サイト(http://kzt-hojo.jp/(外部サイト))をご参照ください。

「中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金」の概要

消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注システム・請求書管理システムの改修等を行うにあたり、その経費の一部を補助する制度です。
軽減税率制度対応として、3つの申請類型があります。

A型
複数税率対応レジの
導入等支援
軽減税率対象商品を将来にわたり継続的に販売するために複数税率対応レジ又は区分記載請求書等保存方式に対応した請求書等を発行する券売機を導入又は改修する必要のある事業者が使える補助金です。
B型
受発注システムの
改修等支援
軽減税率対象商品を将来にわたり継続的に取扱うために、電子的受発注システムの改修・入替を行う必要がある事業者が使える補助金です。
C型
請求書管理システムの
改修等支援
軽減税率に対応するために必要となる区分記載請求書等保存方式に対応した請求書管理システムの改修・導入を行う必要がある事業者が使える補助金です。

※ 「軽減税率対策補助金」公式サイト(http://kzt-hojo.jp/)より引用

ニッセイコムがお手伝いできるシステム改修の補助対象

(1)A-4型 複数税率対応レジの導入等支援(POSレジシステム)

POSレジシステムを複数税率に対応するように改修または導入する場合の費用が補助対象となります。

(2)B-1型 受発注システム・指定事業者改修型

電子的な受発注システムを改修・入替する場合の費用が補助対象となります。

(3)C-1型 求書管理システム・指定事業者改修・導入型

請求書管理システムを改修・導入する場合の費用が補助対象となります。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社 ニッセイコム ソリューション統括本部 ソリューションサポート本部 サポートセンター [担当:大澤]
TEL:03-5742-7387  
〒140-8511 東京都品川区大井1-47-1 NTビル / Email:nc@nisseicom.co.jp
※記載されている会社名・製品名等は、各社の商標または登録商標です。


印刷される方は、こちらをご覧ください。(PDF形式、265KB)

ニッセイコム に関するお問い合わせ

お問い合わせ

プライバシーマーク

弊社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JEPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。