このページの本文へ移動

特許情報提供サービス 「Shareresearch」

  • 概要・特長
  • 機能、価格
  • 導入事例
  • セミナー・関連情報
  • FAQ

概要・特長

特許情報提供サービス Shareresearchは、「調査システムの運用負荷」と「独自情報のセキュリティ」の2つの課題を一挙に解決する新しい発想のクラウドサービスです。

公報データは、日立のデータセンタで管理して運用負担を軽減します。
重要な独自情報は、自社内のサーバ(コーポレートサーバ)で管理できる特許情報提供サービスとなります。
運用負担の軽減と、セキュアな特許検索環境の両立を実現します。

広報データの利用範囲の拡充はもちろん、SDIや注目特許について最新情報の自動受信が可能です。
さらに、知財管理システム「PALNET/MC6」との連携により、高度で戦略的な特許業務を実現します。

導入のメリット

ポイント1

フレキシブルなシステム環境

広報データは外部で、独自情報は内部で管理
運用負担のかかる広報データの蓄積・運用はデータセンタで、重要な独自情報は自社内のサーバ(コーポレートサーバ)で管理することで、運用に合わせた最適な特許検索環境を構築できます。

ポイント2

セキュアで使いやすい業務環境

社内独自情報の保護
メモ情報、SDI検索条件、経過監視情報をセキュアに運用

キャッシュ機能により迅速な業務処理
使用頻度の高いデータをコーポレートサーバに格納

カスタマイズによる最適な環境の提供
目的別検索画面の構築、公報表示レイアウトの変更、その他業務に合わせた各設定が可能

ポイント3

業務効率を格段に向上

広報データ蓄積範囲の充実
・1971年からの国内特許情報を蓄積
・国外特許もUS/EP/WO/各国と順次拡張

検索キーワードの受付が柔軟
・濁点、半濁点を含むキーワードの認識
・旧字体等、異字体での検索もサポート

多様な検索機能の提供
・IPC・FI・Fタームをキーとした階層検索や概念検索により多様な業務要件に柔軟に対応

情報の共有化
・各案件に評価・社内分類コードの付与が可能
・付与情報を組織内にて迅速に共有可能

  • ページの先頭へ

トヨタ自動車株式会社様 導入事例

2013年4月1日

ハイブリッドカーに代表される世界トップレベルの先端技術を擁するトヨタ自動車株式会社は、グローバルな知的財産戦略を加速させるため、特許情報提供サービス Shareresearchを導入。
本サービス導入にあたり、弊社がSI(システムインテグレーション)を担当いたしました。

  • ページの先頭へ
  • 概要・特長
  • 機能、価格
  • 導入事例
  • セミナー・関連情報
  • FAQ

ニッセイコムの製品・ソリューションに関する資料請求・ご相談はこちら

お問い合わせは、問い合わせフォームまたはお電話、Email、FAXにて承っております。
Email:nc@nisseicom.co.jp / FAX:03-5742-7893