<見逃し配信>点検業務をアップデートするには!?
アフターサービス業務向けオンラインセミナー

本セミナーでは、アフターサービス業のお客さまの中でよく課題として取り上げられる「人材不足の課題」「技術継承の課題」「情報共有の課題」を解決し、ビジネスの成長を支援するITツールの活用方法をご紹介します。

このような要望やお悩みはありませんか?

  • 点検や検針業務を電子化して効率化を図りたい!
  • 顧客情報の管理が属人化しており、部門間での情報分断や商談機会の損失が発生している!
  • 点検業務を電子化することで、報告書の作成を効率化する、点検結果を営業活動に役立てたい!

※本セミナーは、2022年11月25日に開催したセミナーのアーカイブ配信です。

開催概要

期間 2023年7月31日(月) まで配信
開催方式 オンデマンド配信[YouTube]
費用 無料(事前申込制)
共催 株式会社 ニッセイコム
株式会社 シムトップス
GMOグローバルサインホールディングス株式会社

お申し込み


本セミナーのお申し込みはこちらで受け付けています。

※お申込み後に視聴用URLをお送りいたします。
※競合製品取り扱い企業様のご参加はお断りする場合がございますので予めご了承ください。

セミナースケジュール

約5分 ご挨拶
【Session 1】
 約20分
「記録のペーパーレス」から始める現場のDX推進!
i-Reporterで「現場の記録・報告」のデジタル化と業務効率化

株式会社 シムトップス

i-Reporterは、Excelで作成された紙帳票のレイアウトをそのままタブレットに取り込むことができる、帳票入力におけるDXと働き方改革の実現を融合したソリューションです。 i-Reporterの特長やメリット、導入した場合の費用対効果など、デモを交えてご紹介します。
【Session 2】
 約10分
メーター検針・点検業務をミスなく効率化

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社

hakaru.aiを使用すれば、メーターを撮影するだけでAIで画像認識・数値を読み取り、自動でデータ入力を完了します。メーター検針・点検のための業務効率化サービスです。
【Session 3】
 約20分
GrowOneメンテナンスによる点検データの利活用の方法

株式会社 ニッセイコム

アフターサービスに関するすべての情報を一元管理することで、お客さま情報の属人化や部門間での情報分断を解消し、商談機会を増加させる方法をご紹介します。 hakaru.aiやi-Reporterと組み合わせることで、日々の点検結果を利活用できるようになり、さらなる業務効率化が期待できます。



※ セミナースケジュールは予告なく変更する場合があります。


・「YouTube」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
・「hakaru.ai」は、GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社の製品です。
・「ConMas i-Reporter」は、株式会社シムトップスの登録商標です。
・「Excel」は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

製品・ソリューション に関するお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

プライバシーマーク

弊社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JEPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。