企業の未来を創るビジネスコラム ひらめきのタネ 工場での働き方改革促進が進まない理由と解決方法

2024年03月23日



製品の品質を高め、競争力を向上させるには生産性を高めていくことが必要です。人手不足の課題を抱えがちな工場において生産性を高めるには、働き方改革に取り組んでみるのも1つの方法だといえます。

自社に合った働き方改革を実現することで、既存の従業員だけでなく、新たに採用する人材にとっても働きやすい労働環境を提供できるでしょう。この記事では、工場の働き方改革が進まない理由を見ていくとともに、具体的な解決方法を解説します。

目次
1. 工場での働き方改革が重要な理由
1.1. 労働人口の減少による担い手不足
1.2. 生産性向上の必要性
1.3. 従業員エンゲージメントの向上

2. 工場で働き方改革が進まない理由
2.1. 技術の継承が進まない
2.2. デジタル化への対応の遅れ
2.3. リモートワークの導入の難しさ

3. 働き方改革を実現するための4つのポイント
3.1. 自社の現状を分析する
3.2. ペーパーレス化に取り組む
3.3. データ管理の仕組みを見直す
3.4. 労働環境の柔軟性を高める

4. 社内制度の見直しによる働き方改革の取り組み事例

5. まとめ:働き方改革を実現し、工場の人手不足を解消しよう

1. 工場での働き方改革が重要な理由

mf-04-01.jpg


工場において働き方改革が必要になる理由として、次の3つの点が挙げられます。

工場で働き方改革が必要な理由
  • 労働人口の減少による担い手不足
  • 生産性向上の必要性
  • 従業員エンゲージメントの向上

働き方改革とは、業務の効率化や生産性の向上を図ることによって、従業員の労働時間の短縮や休暇の取得を促し、より働きやすい環境を整える取り組みをいいます。製造業において働き方改革が必要とされる理由を解説します。

ニッセイコムの生産管理システムについてさらに詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

生産管理システム「GrowOne 生産情報システム」のご紹介はこちら

1.1. 労働人口の減少による担い手不足

工場で働き方改革が必要とされる理由として、労働力不足の問題が挙げられます。日本は少子高齢化の影響から労働人口が減少しており、人手不足の問題がさまざまな業種で生じています。

工場では多くの労働力を必要とするため、人手不足の問題はそのまま経営課題に直結するといえるでしょう。人口問題にまつわる社会情勢はすぐに改善するものではないため、企業自身が人手不足の課題と向き合っていく必要があります。

まずは既存の従業員数でも競争力を維持できる体制を整えるため、働き方改革を進めていくことが求められます。従業員の作業負担の軽減などにつながる施策を実施できれば、自社の生産性を維持するだけでなく、新たな人材を呼び込むきっかけにもなるでしょう。

1.2. 生産性向上の必要性

働き方改革の推進は、人手不足の課題解決につなげていくだけでなく、生産性の向上に結びつくものでもあります。製造業では製造現場における作業効率が、製品の品質にそのまま影響が出てくるため、いかに生産性を高めていくかは重要な課題です。

製造現場の生産性を向上させることで、製品の品質向上や納期の遵守、従業員の成長などにつなげられるでしょう。働き方改革を推し進めることで、従業員の作業負担を軽減し、よりハイレベルな製造現場を整えることが可能です。

1.3. 従業員エンゲージメントの向上

工場での働き方改革を推進することは、従業員エンゲージメントの向上にもつながります。製造工程において単純作業や繰り返しの作業に従事している従業員の場合、仕事のやりがいがなかなか見えづらいといった部分があるでしょう。

仕事に対するやりがいを見失ってしまうと、労働意欲の減退だけでなく、早期離職の原因にもなりかねないといえます。そのため、働き方改革を通じて労働環境を改善し、従業員とのコミュニケーションを図る機会を増やすことで、従業員エンゲージメントを高めていくことが大切です。

従業員のモチベーションに意識を向けることで、労働意欲の向上につながるだけでなく、スキルアップや業務の効率化といったさまざまな面でプラスの効果を期待できます。

2. 工場で働き方改革が進まない理由

mf-04-02.jpg


働き方改革に取り組もうとしても、自社の現状をきちんと把握しておかなければ、思うように施策の実施につながらない場面があるものです。工場において働き方改革が進みづらい理由を解説します。

2.1. 技術の継承が進まない

従業員の平均年齢が高い企業においては、若手人材が不足していることで、技術の継承がなかなか進まないといった課題があります。企業全体として技術力が高まっていかなければ、いつまでもベテランの従業員の力に頼らざるを得ず、労働環境の改善が難しくなってしまうでしょう。

長年蓄積してきた技術や知識が若手に継承されなければ、企業の競争力を維持することも困難になる恐れがあります。

2.2. デジタル化への対応の遅れ

老朽化したレガシーシステムやメインフレームを使い続けている企業の場合、業務効率化につながるデジタル技術をうまく導入できないといった場面が見られます。特に中小企業においては、デジタル化への投資が難しく、大企業との間で差が開く傾向になっていることが経済産業省の「DXレポート」では指摘されています。

【参考】経済産業省「DXレポート~ITシステム「2025 年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」

同レポートでは、企業が老朽化したシステムを使い続けた場合に、2025年以降で毎年最大12兆円以上の経済的な損失が生まれる可能性があるとされています。自社の競争力を高め、生産性の向上につなげていくためにもデジタル化への速やかな対応が必要です。

2.3. リモートワークの導入の難しさ

製造業ではオフィスワークがメインの職種とは異なり、工場などの現場に足を運ぶ必要があります。そのため、リモートワークの導入などはなかなか難しい面があるでしょう。通勤時間の短縮が行えない分、従業員の働きやすさを高めていくことはより求められる部分があるといえます。

休暇の取得や時短勤務など、自社のなかで行える労働環境の改善に取り組んでいくことが大切です。

3. 働き方改革を実現するための4つのポイント

mf-04-03.jpg


工場における働き方改革を実現するには、次のようなポイントを押さえておくことが大切です。

働き方改革を実現する4つのポイント
  • 自社の現状を分析する
  • ペーパーレス化に取り組む
  • データ管理の仕組みを見直す
  • 労働環境の柔軟性を高める

製造業の業務基盤である生産管理システムや工場のデジタル化を見直すことも重要です。ニッセイコムの生産管理システム、DX推進支援サービスについてさらに詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

生産管理システム「GrowOne 生産情報システム」のご紹介はこちら
「DX推進支援サービス」のご紹介はこちら

3.1. 自社の現状を分析する

工場での働き方改革を実現するには、まず自社の現状を正しく分析することが重要です。製造現場や間接部門の従業員の意見を聞きながら、現状の労働環境においてどのような課題を抱えているのかを把握しましょう。

就業規則や労働契約書で定められたルールが徹底されているかを確認したり、有給休暇の取得率などをチェックしたりしてみてください。また、勤怠管理に関するデータを確認して、残業が多く発生していないかなども確認することが大切です。

現在の労働環境を正しく把握すれば、業務全体の流れを知ることになり、どのような改善が必要であるかが見えてくるはずです。

3.2. ペーパーレス化に取り組む

製造現場においては、業務を行ううえで多くの図面や書類などがあり、紙で管理を行っていると膨大な手間がかかります。紙の資料をできるだけ減らせるようにペーパーレス化を推し進めれば、データの共有や更新が簡易化できるでしょう。

今まで手作業で書類を保管していた手間をなくせますし、書類の保管のために必要としていたスペースを有効活用できます。さまざまなデータをデジタル化することで、必要なデータの検索や共有がスムーズになり、作業効率を高めることにもつながるでしょう。

3.3. データ管理の仕組みを見直す

効率的に業務を進めていくには、データ管理の仕組みを整えることが欠かせません。工場で取り扱うデータをクラウドサービスで一元管理すれば、どのような場所からでもデータにアクセスできるため、作業効率を高められるでしょう。

また、クラウド上に必要なデータを格納しておくことで、災害対応などにも役立ちます。クラウドサービスの1つである「Shadow Desktop」なら、PC内のデータをクラウドに自動アップロードできるため、データの一元管理がスムーズに行えます。

3.4. 労働環境の柔軟性を高める

働き方改革を実現するには、労働環境に柔軟性を持たせることも大切です。特定の勤務形態しか用意されていない場合、条件に当てはまらない人材を受け入れるのが難しくなってしまいます。

工場の人手不足を解消するには、働く側にとって働きやすい環境を提供することが重要だといえます。採用の間口を広げるために、多様な働き方や勤務形態を選択できるようにしてみましょう。

従来の制度では受け入れることができなかった人材を確保できれば、労働環境の改善につなげやすくなるはずです。従業員の意見も交えながら、フレックスタイム制や時短勤務の導入なども検討してみましょう。

また、就業時間を繰り上げたり、繰り下げたりすることで従業員のライフスタイルを尊重することも大事です。自社に合った方法を見つけてみてください。

4. 社内制度の見直しによる働き方改革の取り組み事例

mf-04-04.jpg


自社の働き方改革を実現するには、実際に成功した取り組みを行っている企業から学ぶことも大切です。厚生労働省の「働き方改革 特設サイト」の掲載事例には、育児休暇や年次有給休暇を取得しやすくするための環境整備や、働き過ぎを防ぐための勤務形態の見直しなどの取り組みが紹介されているので、参考にしてみましょう。

【参考】厚生労働省「働き方改革 特設サイト」

5. まとめ:働き方改革を実現し、工場の人手不足を解消しよう

労働人口の減少などの影響から、製造現場で必要とされる人材の確保を課題としている企業が増えています。社会情勢が変化するまでには時間がかかるため、人手不足の課題を解消するために、自社でどのような取り組みを行えるか検討してみましょう。

既存業務のフローを見直し、生産性を向上させていけば、既存の従業員数であっても競争力の維持につなげられるはずです。また、働き方改革の実現によって労働環境が改善すれば、新たな人材を受け入れやすくなり、中長期的に人手不足を解消できる可能性があります。

従業員にとってより働きやすい環境を整えるには、業務のデジタル化が欠かせません。ニッセイコムの生産管理システムを活用した業務のデジタル化に関心がある方はぜひお問い合わせください。

生産管理システム「GrowOne 生産情報システム」のご紹介はこちら

関連製品・関連サービス

「製造業」関連 コラム

製品・ソリューション に関するお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

プライバシーマーク

弊社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。