このページの本文へ移動

セミオーダー型 販売管理システム

  • 概要・特長

セミオーダー型 販売管理システムとは

企業ごと取り扱っている製品が異なるため、販売管理業務には企業特有の運用プロセスや業務ノウハウがあります。もちろん販売管理システムにもそのノウハウを反映させる必要がありますが、「業務に合うパッケージソフトが見つからない」「スクラッチでは開発期間と予算がオーバーしている」という声をよく聞きます。

お客様の「こうしたい」にお応えします

・予算をかけず自社特有のノウハウをシステムに反映させたい

・パッケージソフトが持っている運用ノウハウを自社に取り込みたい

・システム刷新に合わせて、属人化されている日々の業務を見直したい

セミオーダー販売管理システムの開発形態

「セミオーダー型 販売管理システム」は、ニッセイコムが自社パッケージソフトの開発やスクラッチ開発で培ったノウハウやシステムの機能を、パーツのように組み合わせて貴社に最適な販売管理システムを提供する開発形態です。

さらに、高速開発ツールを採用しているため、短納期、低コストを実現しながら安定した品質のシステムをご提供できます。

セミオーダー型販売管理システムのイメージ

セミオーダー型販売管理システムの完成イメージ

特長

ポイント1

貴社独自の業務運用に合ったオリジナルのシステムを構築

お客様のご要望、業務をヒアリングさせていただき、スクラッチ開発のようにイチからシステムを構築するため、お客様の運用に合ったものをご提供できます。

ポイント2

基本機能は装備されているので、パッケージの業務ノウハウも利用可能

パッケージソフト導入のメリットは、システムに業務を合わせることでプロセスを改善できることです。セミオーダーでも基本機能が持っている業務ノウハウをそのまま利用できるので、運用に無理のない範囲で業務改善が図れます。

ポイント3

開発中の画面を見ながら打合せが可能

ノンプログラミングで開発ができる高速開発ツールを利用するため、実際の画面を見ながらレビューができます。
より使いやすいシステムを構築できる上に、属人化された業務がオープンにして見直すことができます。

ポイント4

高速開発ツールを利用して、短納期、高品質を両立

システムの構築には、ノンプログラミングで開発できるツールを使用するため、プログラムのバグが無なく安定した品質のシステムをご利用できます。

高速開発ツールのメリット

高速開発ツールはノンプログラミングでコードを自動生成できるため、開発側だけではなくお客様にもメリットがあります。

  • お打合せ時に完成イメージを見ながら仕様を確定できます
  • プログラムコードは自動生成のため、開発途中での仕様変更も柔軟に対応できます
  • プログラムのコードが属人化されていないため、要件追加や仕様変更が簡単になります
  • 短納期で高品質のシステム構築が可能
  • ノンプログラミングなのでプログラムのバグありません

ご導入までの流れ

実際の販売管理システムの画面を見ながらお打合せができます。お客様のご要望を反映しやすくなるため、通常の開発方法に比べ開発期間と費用を抑えることができます。

開発の流れ

販売管理システムの導入事例

ニッセイコムは、自社開発の販売管理システム 「GrowOne Cube 販売」により培われた業務ノウハウにより、スクラッチ開発でのお客様の業務に合わせたシステム開発の実績があります。

  • ※高速開発ツールを使用した導入事例に関しましては、お問い合わせください。
導入規模の目安(凡例)
導入規模(目安)
1~100名 101~300名 301~1,000名 1,001名以上

スクラッチ開発の事例

パッケージソフトのカスタマイズ事例

  • ページの先頭へ
  • 概要・特長

ニッセイコムの製品・ソリューションに関する資料請求・ご相談はこちら

お問い合わせは、問い合わせフォームまたはお電話、Email、FAXにて承っております。
Email:nc@nisseicom.co.jp / FAX:03-5742-7893