NISSEICOM

NISSEICOM

インタビュー システムエンジニア インタビュー システムエンジニア
PERSON INTERVIEW1
Profile
システムエンジニア K.M 2008年入社
茨城大学 人文科学部卒
技術力だけじゃない。
いい信頼関係から、
いいシステムが生まれる。
オフィスを飛び出すエンジニア。
オフィスを飛び出す
エンジニア。
SE(システムエンジニア)は、部屋にこもってひたすらプログラミングをする。入社前は、そんなイメージをもっていました。実際は、全く違いました。ニッセイコムでは、開発プロジェクトの主体はSEです。お客さまとの打ち合わせにも参加するし、外出や出張する機会も多いです。直接お客さまと仕事ができるということは、自分の考えを提案できるということ。決まりきったものを大量生産する仕事ではありません。企業が抱える課題は毎回異なります。課題解決するためのアイデアを盛り込み、自分が最もいいと思うシステムを提案することで、顧客満足を徹底的に追いかけられることは、私にとって大きなやりがいになっています。
チャレンジする新人は、経験豊富な若手になれる。
チャレンジする新人は、
経験豊富な若手になれる。
直接お客さまに提案できるので、チャレンジできる機会が多いです。私は入社してからずっと、ダンボールの製造業に関わってきました。入社2年目には「要件定義」という、どのような機能をシステムに実装するかという最も重要なフェーズに関わっていました。最初は、先輩にフォローしてもらいながらプロジェクトを進めていましたが、責任あるポジションはプレッシャーを感じます。それでも、新人時代に経験してよかったです。早い時期にたくさんの経験を積むことで、あとあと気持ちにも余裕がでます。今では少しのトラブルでは動揺せず、お客さまの前でも冷や汗をかくことなく冷静に対処できる自分になれましたから。
システムエンジニア K.H
一生の財産となる人に、出会える。
一生の財産となる人に、
出会える。
つくったものに対して、目の前のお客さまが感想を伝えてくれる。これって、かけがえのない環境だと思います。喜んでくれているのか、不満があるかもわからないものをつくり続けるって大変ですから。感謝の言葉を直接言われるのは、うれしいです。でも、もっとうれしいのは、自分だけではなく、お客さまといっしょにシステムをつくれること。苦楽をともにしてつくりあげていくうちに、お客さまのことを、同志や仲間と呼びたくなるような関係を築けます。この仕事を通して、かけがえのない大切な人を得ることができました。設計図ばかり見るのではなく、お客さまを見て仕事をすることが、何より大切な仕事です。技術力は、入社してからいくらでも磨けます。興味があるなら、今のスキルを気にせずぜひチャレンジしてほしいですね。

PERSON

パーソン

INTERVIEW 1
INTERVIEW 2
CROSS TALK 1
CROSS TALK 2