このページの本文へ移動

今の時代の製造業向けITセミナー

基幹システムの刷新におきましては、生産性向上は必須事項となることと存じます。一方で昨今労働力人口の減少や長時間労働などの労働環境条件の是正といった課題も直面しており、「働き方改革」も進められております。

製造現場の課題の改善や更なる生産性の向上を「仕事の見直し」や「システムでの省力化・効率化」、そして「情報の見える化」をしていくことで、働き方改革の抜本的な推進に結び付くと考えます。

本セミナーでは、プロジェクトの成否を分ける重要なフェーズである上流工程の進め方、最新の生産管理システム、蓄積された情報の利活用についてご紹介します。

開催概要

日時 2018年8月22日(水) 14:00~16:30(13:30受付開始)
会場 ハーモニアス・コンピテンス・センター 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。[地図](外部サイト)

住  所:東京都港区港南二丁目16番1号
     品川イーストワンタワー13階

交通機関:JR品川駅 港南口より徒歩約3分
     京浜急行 品川駅 高輪口より徒歩約5分
費用 無料(事前登録制)
定員 40名
主催 株式会社 ニッセイコム
協賛 ウイングアーク1st 株式会社
JBアドバンスト・テクノロジー 株式会社

お申込みはこちら

本セミナーにはこちらからお申込み頂けます。お気軽にお申込みください。

セミナースケジュール

13:30~14:00 受付
14:00~14:05 ご挨拶
14:05~14:50 基幹システム構築に先駆けて、実践しておきたいこと

基幹システムの構築プロジェクトを成功に導く為には、自社の経営方針を念頭に、現場業務の視点も交え、今後のシステムの構想を描いておく事が重要になります。
そこで、本セッションではシステム機能の具体的な設計や開発に着手する前に実施しておきたいアクションや留意すべきポイントを、事例を基に紹介いたします。

株式会社 ニッセイコム
14:50~14:55 休憩
14:55~15:40 生産管理システムでどのように「働き方改革」を図るか?

新たな生産管理システムを導入する場合、どのような視点で導入計画を立案するか?
生産性や効率化などの考え方やポイントを中心にお話しをします。
特に、最新のその他サービス連携による効率化例などもご紹介します。

JBアドバンスト・テクノロジー 株式会社
15:40~15:45 休憩
15:45~16:30 製造業に変革をもたらす生産ラインからのデータ取得と可視化

製造現場、生産ラインに携わられる方々にとって製造工程の状況把握や管理、作業者への指示や支援などの業務はリアルタイム性が求められ、効率的なライン稼働を求められる一方で、未だうまく管理できていない企業や、どのように実現していくべきか試行錯誤されている企業も多く見受けられます。
本セッションでは、MotionBoardを利用した製造工程の可視化について最新情報も交えてご紹介いたします。

ウイングアーク1st 株式会社

※セミナースケジュールは予告なく変更する場合があります。

ご紹介製品・サービス

本セミナーでご紹介する製品は、Webサイトでもご紹介しております。

コンサルティングサービス IT基本構想/RFP策定支援サービス

コンサルティング

本サービスは、経営層、現場部門、IT部門の意見を基に、今後のあるべき姿を具現化し、それを支えるシステムへの要求事項をまとめます。

新規ウインドウで開きます。サービス紹介ページ >

生産管理システム R-PiCS

生産管理

R-PiCSは、個別受注生産から繰返生産、ハイブリッド生産まで、柔軟に対応する生産管理システムです。
豊富な標準機能をベースに、お客様固有のご要望に合わせたカスタマイズも可能で、自社業務にジャストフィットします。

新規ウインドウで開きます。製品紹介ページ >

BIダッシュボード MotionBoard

グラフ

MotionBoardは、企業をとりまくデータを価値ある情報に変えるBIダッシュボードです。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。製品紹介ページ >(外部サイト)

  • ページの先頭へ

ニッセイコムの製品・ソリューションに関する資料請求・ご相談はこちら

お問い合わせは、問い合わせフォームまたはお電話、Email、FAXにて承っております。
Email:nc@nisseicom.co.jp / FAX:03-5742-7893

資料請求・お問い合わせはこちら

弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JEPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。