このページの本文へ移動

Web版TV会議システムを発売

2015年7月6日
株式会社 ニッセイコム

Web版TV会議システムを発売
-Web会議システムの利便性とTV会議システムの性能を併せ持ったソリューション -

 株式会社 ニッセイコム(本社:東京都品川区、取締役社長:安達春雄/以下、ニッセイコム)は、遠隔地会議支援システム「Web版TV会議システム」を本日(2015年7月6日)より発売します。

 離れた拠点との会議を行う上で、移動時間の短縮や交通費の削減を目的にTV会議システムやWeb会議システムが活用されています。
しかしながら、TV会議システム並びに、Web会議システムには、以下のような特性があります。

  メリット デメリット
TV会議
システム
・専用回線による高品質な画像、音声
・会議以外にも、社内研修など活用可能
・環境構築など初期設定が高額になる
・機器設置が必要であり、拡張性が低い
Web会議
システム
・どこからでも会議参加が可能
・専用機器が不要で拡張が容易
・画像・音声がネット環境の影響受ける
・大人数の会議には不向き

Web版TV会議システムの特長

ニッセイコムの「Web版TV会議システム」は、Web会議システムの利便性とTV会議システムの性能を併せ持つクラウドソリューションです。

【安定した品質で音声・映像の配信】

 高度な自動帯域調整機能と圧縮技術により、音声・映像の遅延や切断しない会議環境を提供します。
 また、既設のTV会議システム機器を流用できるので、1拠点が大人数でも対応できます。

【インターネット経由で簡単に会議参加】

 インターネット環境があれば、Windows PCや、スマートフォン、タブレット端末からでも会議参加ができます。

【標準装備した会議支援機能】

 Word、Excel、PowerPoint等のファイルを会議参加者全員で共有し、双方向からデータ更新することができます。その他には、録音録画機能、アンケート投票機能など会議進行を支援します。

ライセンス価格

ライセンス価格: 8,000円/月・ID(税抜)
*ライセンスは、1回の会議で同時に接続するユーザー数で変動いたします。
*導入には、別途初期設定費用が必要となります。

その他活用シーン

 音声・映像の配信により離れた拠点との会議支援以外にも、さまざまな活用ができます。

【在宅勤務】

 ドキュメントファイルの共有、更新ができるので、在宅勤務の支援にも最適です。通信は、独自フォーマットによる圧縮、SSLによる暗号化によりセキュリティ対策も安心できます。

【遠隔地サポート】

 ヘルプデスク・各現場のサポートを遠隔地から行うことができます。さらに、「デスクトップ共有機能」で相手のPCを遠隔操作することができます。

【教育・研修】

 本部と複数の拠点を接続し、教育・研修を同時に行うことができます。

ニッセイコムについて

 ニッセイコムは、1974年に設立した株式会社日立製作所と日精株式会社が共同出資するシステムインテグレーターです。業務コンサルティングをはじめ、各種業務システムの開発・構築、ネットワークインフラ環境の設計・構築やハードウェア・ソフトウェアのご提供、保守サポートサービスなどお客様の成長を支えるIT環境の構築を一貫してご支援します。

商号
株式会社 ニッセイコム
本社
東京都品川区大井1-47-1 NTビル
設立
1974(昭和49)年2月
資本金
3億円
主要株主
株式会社日立製作所、日精株式会社
年商
211億円(2014年度)
従業員
825人(2015年4月1日現在)

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社 ニッセイコム 企画本部 企画部(担当:伊藤、田渕、鶴間)
TEL:03-5742-7387  URL:http://www.nisseicom.co.jp/
〒140-8511 東京都品川区大井1-47-1 NTビル
*記載されている会社名・製品名等は、各社の商標または登録商標です。