このページの本文へ移動

WebEDI for kintone アプリパック

  • 概要・特長
  • 機能、価格
  • 導入事例
  • セミナー・関連情報
  • FAQ

WebEDI for kintone アプリパックの 概要・特長

WebEDI for kintone アプリパックはお得意先様と自社間の販売業務をEDIで実現させるためのkintoneアプリパックです。
アプリパック(kintoneで作成したアプリケーション)ですので低コストかつ簡単にEDIシステムを導入することができ、お得意先様のEDI化率の向上と、より一層の業務効率化を実現します。

WebEDI for kintone アプリパック

お客様の「こうしたい」にお応えします

・WebEDIを導入して営業の事務処理を減らしたい!

・WebEDIを簡単・安価・短納期に導入したい!

・既存の販売管理システムを変更せずにWebEDIを導入したい!

【課題】 販売業務効率化のためにWebEDIを導入したいが費用対効果が見えない

費用対効果

WebEDI導入は、自社の販売管理にかかわる事務処理の負担を低減できるだけではなく、履歴確認や通知機能などの発注業務支援によりお得意先様にも大きなメリットがあります。
しかし、導入に時間と費用かかっては費用対効果が見えずらくなり、導入がためらわれてしまいます。

【解決策】 「WebEDI for kintone アプリパック」なら簡単・安価・短納期に導入できます

WebEDI for kintone アプリパック

「WebEDI for Kintone アプリパック」ならkintone(クラウドサービス)で作成していますので、既存の販売管理システムに手を加えることなく簡単、安価に導入できます。
さらに、kintoneならではメリットとして、カスタマイズが安価にできる、標準のコメント機能でお得意先様とコミュニケーションが図れるなどがあります。

3つの導入メリット

「WebEDI for kintone アプリパック」は、既存の販売システムに追加する前提で開発しておりますので、簡単かつ短納期で導入できます。
また株式会社サイボウズのkintoneを使用して開発しておりますので、kintoneならではの便利な機能も合わせてご利用いただけます。

ポイント1

導入作業が簡単・短納期で可能

アプリパックとなっているためkintoneに契約頂ければすぐにご利用が可能です。アプリパックではスペーステンプレートでのご提供も可能であるため日々確認に必要とされる情報をスペースに初期貼付された環境をご提供できます。

ポイント2

導入費用が安価に実現可能

kintoneスタンダードコースに合わせアプリパック(初期費用のみ)のみで導入が可能なため費用を抑えることができます。
必要に応じてカスタマイズを行うことも可能です。

ポイント3

見積依頼から請求管理まで一元管理

お得意先様からの見積依頼に始まり正式発注、出荷納品及び請求までの一連の流れを管理することが可能です。お得意先様においても過去の経歴や流用した見積依頼、納入予定や請求内容を確認することができます。

見積依頼から請求管理まで一元管理

  • ページの先頭へ

主な機能

見積依頼

お得意様より見積頂きたい内容を入力頂きます。履歴を利用した簡易依頼も可能です。

見積受付

見積依頼が正式に登録されると依頼内容が通知されることで迅速な対応と確認漏れを防ぎます。

見積回答

納期や依頼内容を確認し見積内容を入力します。Kintoneならではのコメント機能を利用した案件ごとのコミュニケーションが図れます。

見積回答受領

お得意先様は見積回答が正式登録されると通知にて回答の連絡を受け早期手配が可能となります。

注文

お得意先様は見積内容に相違がなければそのまま正式発注を行うことができます。

受注通知

正式発注を頂くと通知されるため受注業務への連携と出荷手配がスピーディーに行えます。

出荷報告

注文された商品を発送した際に出荷の旨をお得意先様へ通知できます。

検収

お得意先様から納品された商品を検品頂き検収を登録頂く事で発注から納品までの状況を管理いただくことが可能です。

検収通知

検収されたことが通知されるため売上業務、請求業務へ連携可能です。

請求

請求内容を入力し請求書を添付することでお得意先様への請求を容易に行えます。

請求通知

請求内容を通知、確認することができ内容確認においてもコメント機能により早期解決ができます。

販売管理システム連携オプション

販売管理システムへのデータ連携により受注業務の効率化を実現

販売管理システム連携オプションはお客様で現在ご利用頂いている販売管理システムにWebEDIアプリパックの情報を連携させるためのオプション機能になります。
見積・発注・検収・請求の情報をシステム連携することで、受注業務の効率化を実現します。ご利用頂くお得意様についてもEDI情報を出力することができるため業務連携による効率化へも貢献できます。

連携オプションのポイント

「WebEDI for kintone アプリパック」で登録された内容を「GrowOne Cube」はもちろん、既に導入済みの販売管理システムへ連携することで、業務効率を改善することができます。
ご要望に応じて、JBアドバンスト・テクノロジー様の「Qanat2.0」、またはアプレッソ様の「DataSpider Servista」による連携が可能です。

システムへの入力ミスを防ぐことが可能

お見積のご依頼から見積情報、ご発注頂いた内容が受注情報へとシステムに連携されるため入力漏れや誤入力を防ぎます。

入力を簡素化することが可能

お得意先様へ情報を入力頂き連携することでシステムへの入力する手間が省くことができ入力への簡素化ができます。

2重発注(重複受注)を防止することが可能

システムへの新規登録が連携となるため、複数のシステム入力者により発生が考えられる2重発注(重複受注)入力を防止することができます。

取引のレスポンス向上が可能

システムへの入力とお得意先様へのメールや電話による回答がシステム連携できるため取引のレスポンス向上ができます。

連携機能一覧

見積連携

見積依頼内容を販売システムへ連携し、システムで見積した情報をWebEDIアプリパックへ連携可能です。

受注連携

正式発注が行われると販売システムの受注情報として連携します。

出荷通知連携

販売システムの出荷入力などの情報をもとにkintoneを通じお得意先様へ出荷情報を通知します。

検収通知連携

検収入力アプリから連携し販売システムの売上を登録します。(検収基準時に利用)

請求連携

システムで請求処理を実施するとお得意先様へkintoneを通じ請求内容を連携します。

  • ページの先頭へ
  • 概要・特長
  • 機能、価格
  • 導入事例
  • セミナー・関連情報
  • FAQ

ニッセイコムの製品・ソリューションに関する資料請求・ご相談はこちら

お問い合わせは、問い合わせフォームまたはお電話、Email、FAXにて承っております。
Email:nc@nisseicom.co.jp / FAX:03-5742-7893