このページの本文へ移動

アフターメンテナンス業務向け報告書電子化ツール 「点検電子化ソリューション」

  • 概要・特長
  • 機能・価格
  • セミナー・関連情報

アフターメンテナンス業務向け報告書電子化ツール 「点検電子化ソリューション」の 概要・特長

工場やオフィスと異なり、外出先での作業が中心となる保守メンテナンス業界では、システム化や効率化・標準化が難しかったのが現状です。この課題を解決するのが、保守業務向け報告書電子化ツール「点検電子化ソリューション」。
日頃使い慣れた報告書をそのまま電子化して、iPad・iPhone・Windowsタブレットで入力・データ化する、革新的な記録・報告・閲覧システムです。

お客様の「こうしたい」にお応えします

・使い慣れた点検報告書を簡単に電子化して、報告書作成を効率化したい!

・点検業務を標準化したい、属人化をなくしたい!

・点検に必要な資料や報告書を持ち運びしたい!

課題 現場の効率化、標準化、見える化ができていますか?

外出先での作業が中心となる保守メンテナンス業界。点検業務の指示や報告書作成は紙で管理されており、効率化と標準化が遅れ、次世代へのノウハウ継承も課題となっていました。
また、報告書への記入内容にも作業員の個性があり、判読や理解が難しいことも少なくありません。これら報告書から実績を抽出するための、スタッフのデータ入力も大きな負担に。さらに、管理側にとっても現場が状況を把握できず、的確な管理・指示がしづらい状況となっていました。

解決策 保守メンテナンスの報告書作成を、大きく効率化!

「点検電子化ソリューション」は、保守業務向けに特化したシステムで、既存の報告書をそのままのレイアウトで電子化します。
作業現場ではタブレット端末から、指示書やマニュアル、点検履歴などにアクセスでき点検作業を支援。また、点検終了後は報告書に作業内容を簡単入力して、報告業務の効率化を実現します。
入力されたデータはリアルタイムに会社のサーバに転送。サーバに送られてきたデータを、管理者はその場で確認・承認。点検作業に求められる一連の業務を電子化し、紙報告書の再入力も不要です。さらに、GPSを利用することで、作業員の現在地を把握し、必要に応じて次の作業内容を指示することが可能です。

紙の帳票を電子化

主な適用業種・業務

主な適用業種

  • 製造業  
  • 設備管理・維持・メンテナンス
  • 建築・建設、ゼネコン
  • プラント建設、施行
  • 小売り業、多店舗販売業 

主な適用業務

  • 品質・検査
  • 不具合対応
  • 保守・メンテナンス作業
  • 安全チェックリスト
  • 店舗巡回チェックリスト

導入のメリット

保守現場での作業性向上に最適なモバイルと報告書電子化が、保守メンテナンス業界に革新をもたらします。

ポイント1

既存の報告書をそのまま電子化

従来のやり方に固執しがちな作業員も多いようですが、「点検電子化ソリューション」は既存の報告書をそのまま電子化する機能を用意。使い慣れた紙帳票をそのまま、iPadやWindowsタブレット上で利用可能としました。また、スピーディに入力いただくために、キーボード入力はもちろん、選択入力できるチェックボックス、プルダウン、ペンによる手書きも可能で、現場の負荷を最小限にします。

既存の報告書をそのまま電子化
タブレット操作に迷うことがない多彩な入力方法を用意。現場での入力負担を最小限に!

ポイント2

報告業務のバッチ作業から解放

従来、手書きしていた報告書のデータ入力が、後方スタッフあるいはサービス担当者の大きな負荷となっていました。しかし、報告書作成を電子化することで、現場からその場でサーバに転送。二重入力をなくし、作業の効率化と入力ミスを削減できます。

ポイント3

現場の見える化

保守業務の現場では、担当者の行動がわからないことが大きな課題となっていました。しかし「点検電子化ソリューション」は担当者の報告をリアルタイムに把握。作業終了後の報告を本社で確認し、承認することができます。次の指示も的確に出すことが可能となります。

  • ページの先頭へ
  • 概要・特長
  • 機能、価格
  • セミナー・関連情報

ニッセイコムの製品・ソリューションに関する資料請求・ご相談はこちら

お問い合わせは、問い合わせフォームまたはお電話、Email、FAXで受け付けております。
Email:nc@nisseicom.co.jp / FAX:03-5742-7893

資料請求・お問い合わせはこちら

弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JEPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。