このページの本文へ移動

卸・メーカー向けEDI受注業務支援システム 「Biware らくらく受注 Pro 2」

  • 概要・特長
  • 機能・価格

卸・メーカー向けEDI受注業務支援システム 「Biware らくらく受注 Pro 2」の 概要・特長

受注から支払まで、流通BMSに特化した受注業務をサポートするEDI受注業務支援ソフトです。これまでの小売専用システムと異なり、複数の得意先との取引データを本パッケージ1本で一元管理できます。
「GrowOne Cube 販売」との連携にも対応していますので、取引先とのEDIによる送受信データを社内の販売管理システムまでシームレスに受け渡すことが可能です。

Biware らくらく受注 Proの全体構成

お客様の「こうしたい」にお応えします

・受注サイドの流通BMS対応システムをとにかく短期間で構築したい

・専用伝票など、得意先(小売)によって若干異なるデータ仕様に柔軟に対応したい

・PCに不慣れな業務担当者であっても直感的に利用できる操作性を実現したい

導入のメリット

ポイント1

業務の流れが一目瞭然の操作画面

受注業務の流れに沿って操作ができる、わかりやすいユーザーインターフェースを採用。日々生じる取引データの受信、閲覧、帳票出力、送信などの業務を迷うことなく処理できます。

操作画面

ポイント2

得意先固有のデータ仕様をアドオン可能

専用伝票など、得意先(小売)固有のデータ仕様に対応する機能をアダプター(補完プログラム)としてご用意。得意先の追加にも専用アダプターを購入するだけで柔軟かつ短期間に対応することができます。なお、新しい得意先の追加を標準機能のみで対応することもできます。

得意先対応アダプター一覧

ポイント3

取引量の大小に応じた帳票作成が可能

例えば、取引先側より誤って旧商品の発注データを送信してきた場合、キャンセルのための出荷訂正データを送り返す必要があります。その際、取引量が少ない場合は1伝票ごとの対応で問題ありませんが、取引量が多い場合は1商品あるいは1明細ごとの対応で進めないと大きな手間となります。「Biware らくらく受注 Pro」では、伝票単位のみならず商品単位・明細単位での対応が可能となっており、取引量に左右されず柔軟な活用が可能です。

帳票作成

ポイント4

本社・倉庫など、複数拠点で共同運用

本社や倉庫など各拠点のPCに本商品を導入して業務を進めることが可能。さらに倉庫の出荷担当は出荷業務のみ、本社の経理担当は会計業務のみというように、担当者ごとに業務範囲を指定した運用が可能です。

複数拠点で共同運用

  • ページの先頭へ
  • 概要・特長
  • 機能・価格

ニッセイコムの製品・ソリューションに関する資料請求・ご相談はこちら

お問い合わせは、問い合わせフォームまたはお電話、Email、FAXで受け付けております。
Email:nc@nisseicom.co.jp / FAX:03-5742-7893

資料請求・お問い合わせはこちら

弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JEPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。