このページの本文へ移動

店舗支援システム 店番長

  • 概要・特長
  • 機能、価格
  • 導入事例
  • セミナー・関連情報
  • FAQ

店舗支援システム 店番長の 概要・特長

本部が店舗を管理する事業形態のチェーンストア業界では、本部からの指示をいかに店舗が実行するかといった「実行力」が重要になります。
しかし、一説によると本部から指示した内容の実行率は40%といわれています。
では、なぜ多くの店舗において実行力100%を実現できていないのでしょうか?
店員の教育が行き届いていない、店舗マネージャのマネジメントが弱いなど色々な原因は考えられると思いますが、もっと根本的な原因は本部-店舗間の情報のやり取りにあります。

業務指示の実行率

店舗支援システムの見直しによるPDCA

実行力100%を達成するためには本部-店舗間における店舗支援システムを見直す必要があります。
店舗支援システムを見直し、『業務指示』『実行』『報告』『確認』『分析対策』というPDCAサイクルを回せる仕組み(見せる化)を作ることが解決策になります。

業務フロー

「店番長」導入のメリット

「店番長」は、本部-店舗間の指示の効率化、実行状況の見える化を実現できます。
いままでは、メールやFAXでやり取りしていたものを「店番長」を導入することでPCとタブレットに置き換え効率化を実現します。

店舗支援システム 店番長の 機能、価格

「店番長」の機能を本部から店舗への業務指示の順に紹介いたします。

PDCA

本部作業 (1)業務指示を出す

本部からの業務指示を出す際に重要なことは、誰が読んでも正しく伝わるように5W1Hの形式で記入することです。

そして、それぞれの指示に対する報告の仕方も、数値やYES/NO、写真で報告して欲しいといったように、具体的に指定する必要があります。

本部から店舗への作業指示の入力画面

店舗作業 (2)業務指示に対する実行

本部からの業務指示に対する実行面で、重要なポイントは、店舗スタッフはお客様への接客が何より大事であると言う事です。
そのため、業務指示に対する実行を負担なくできるということが重要になります。

そこで、店番長では、当日入ったアルバイト店員でも即操作ができるユーザーインターフェースや操作性を追求しました。

例えば、店舗には、本部のあらゆる部署から指示が届きますので、店番長で業務指示に対する優先順位を分析し、優先順位が高いものから表示するという工夫がされています。

業務指示画面

店舗作業 (3)実行結果の報告

多くのチェーンストア様でご利用されているシステムでは、実行結果を報告するための仕組みが不足しています。
店番長では、店舗スタッフの負担を考え、報告内容を選択式での報告、タブレットのカメラ機能と連携しシームレスに写真報告ができるようになっております。

実行結果の入力画面

本部作業 (4)報告の確認

店舗数が増えれば増えるほど、報告の確認は非常に大きな負担になります。
そこで、店番長では各店舗からの報告が一覧で確認できるように設計されております。また、意図しない報告にはやり直しを、報告が遅れている店舗には催促を行う機能なども備わっています。

店舗からの報告確認画面

本部作業 (5)分析対策

PDCAサイクルを回しますと、店舗における実行力に関するデータが蓄積されます。この蓄積されたデータを元に、店番長では、各店舗の実行力をグラフとして「見える化」する機能が備わっています。

店舗毎の実行力を把握することにより、店舗に対する新しい視点での評価や、業務改善を行う事ができるようになります。

実施状況の分析

店舗支援システム 店番長の 株式会社ビジョンメガネ様での導入事例

「店番長」をご導入頂いた株式会社ビジョンメガネ様に、「店番長」導入の経緯や、導入後の効果などについて伺いました。

店舗管理

店番長を選定いただいたポイントをお教えください

PDCA

従来、本部から店舗への業務指示は、メール・グループウェア・携帯電話が中心でした。

業務指示後の店舗での実行進捗、実行度が見えない。指示遂行の責任の所在が不透明などの課題を抱えておりました。

また、管理側も100店舗以上からの写真報告や集計作業に掛かる人時工数は、非常に負担になっておりました。

従来の方法では限界があり、チェーンストアの利点を活かせていない、課題解決には、PDCAをスムーズにまわすシステムが必要。そう感じておりました。

「店番長」は店舗では業務指示の一覧を見れば、優先順位や期限が一目瞭然なので業務が実行し易く、本部では実行状況の把握や、店舗のフォローがし易いので、実行力が確実に上がるイメージができました。

当社(ニッセイコム)を選定いただいたポイントをお教えください

営業

やはり、一番の決め手は、検討までに至る担当の営業さんの対応力です。

「店番長」はニッセイコムさんからの紹介で知りました。

店舗の実行力を上げていく方法がないか試行錯誤している時に当社の課題を聞いて、即座に「店番長」を紹介してくれました。

店番長の紹介からデモ・テスト運用等、検討をスムーズに進められるようきめ細かくフォローしてくれました。

当社の課題を解決する上で最適なソリューションをタイムリーに紹介してくれましたね。

個人的に言うと、担当の営業さんとスポーツ等の会話を通じて気が合った事も理由の一つです。

店番長導入後の効果をお教えください

メガネの陳列

本部側では業務指示の数、実行責任者や進捗状況をスムーズに把握できるようになり、結果、店舗のフォローに掛かる工数が大幅に軽減されました。

特にVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)や商品陳列の実行力とスピードには、大きく貢献することが出来ました。全員が共通した内容を確認できるというところは、非常に透明性が高く、素早く共通認識を持つことが出来ましたね。

店舗での業務実行の効率が大幅に改善された結果、接客時間が増え、機会ロスも削減しました。

導入前にイメージした効果が表れており、チェーンストアの利点を活かしていく上での、強い手応えを感じています。

お客様について

メガネ・コンタクトレンズ・補聴器及び その関連商品を取り扱う小売専門店チェーンの大手。
全国に105店舗(2016年8月現在)を展開。

株式会社ビジョンメガネ

本社所在地 大阪府守口市菊水通2-9-13
設立 1974年2月1日
従業員数 390名
Webサイト 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。株式会社ビジョンメガネ(外部サイト)

2017年3月取材。
このページの情報は取材日時点のものです。
現時点では変更になっている場合もありますのでご了承ください。

店舗支援システム 店番長の セミナー

『チェーンストア経営と実行力』特別セミナー

開催日時
9月28日(木)  14:00~17:10(13:30開場)
開催地域
東京都
会場
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。アットビジネスセンター東京駅八重洲通り 601号室(外部サイト)

多店舗事業を展開されている中で、本部からの業務指示は店舗で100%実行されていますでしょうか?ある調査によると本部からの指示が店舗側で実行されているケースはわずか40% です。本部のたてる戦略戦術が店舗で実行されていなければ、計画通りの売上が達成できるはずはありません。本部からの指示が100% 実行されていない、店舗によってばらつきがある、または、実行されているかどうかを把握できていない。

今回、株式会社リンコムがお送りするセミナーは、このような問題を抱えている企業様に向けたセミナーとなります。
第1部では、無印良品V 字回復の立役者、松井忠三名誉顧問より『チェーンストア経営の実行力』と題し、経験を踏まえ実行力一流になるための取り組み方法をお話頂きます。

  • ページの先頭へ
  • 概要・特長
  • 機能、価格
  • 導入事例
  • セミナー・関連情報
  • FAQ

ニッセイコムの製品・ソリューションに関する資料請求・ご相談はこちら

お問い合わせは、問い合わせフォームまたはお電話、Email、FAXで受け付けております。
Email:nc@nisseicom.co.jp / FAX:03-5742-7893