このページの本文へ移動

Windows Server 2003サポート終了対策ソリューション

Windows Server 2003のサポートが2015年7月15日に終了します。
それに伴い各ハードメーカーはWindows Server 2003の搭載を保証したサーバ機器の提供も終了してしまいます。

そこでニッセイコムは「延命」と「移行」の2パターンの対策をご用意致しました。
移行計画の策定から参画させて頂き、お客様に最適な対策をご提案させて頂きます。

また、国内にまだ数千台残っていると言われているホストコンピュータのオープン化を支援するソリューションもご紹介いたします。

【Windows Server 2003のサポート終了対策】

【ホスト/メインフレーム・オフコンシステムのオープン化】

移行計画の策定

移行計画から参画して、お客様に最適な移行計画を策定させて頂きます。

移行計画の策定

【サービスメニュー】

アセスメント/移行計画策定サービス

お客様の「こうしたい」にお応えします

・Windows Server 2003のサポート終了に向けた対策を決めたい!
・IT機器の構成変更に合わせて設備も見直したい!
・移行計画、対策方針を作りたい!

アセスメント/移行計画策定サービスとは
お客様のITインフラ環境からベストな移行計画、対策方針をご提案させて頂きます。
また、移行に合わせてIT機器の見直し、セキュリティ強化、BCP対策などもご提案させて頂きます。

  • ページの先頭へ

Windows Server 2003の延命

Windows Server 2003をWindows Server 2012 R2に移行した場合、メインで利用している業務システムのバージョンアップ(最新OS対応)だけではなく、同サーバで利用しているデータベースやサーバ管理ソフトなどのミドルウェアのバージョンアップも必要となり、対策コスト、時間が大きくなります。

そこでニッセイコムでは、コスト、時間を抑えた対策として、「Windows Server 2003の延命」をご提案致します。

Windows Server 2003の延命

【サービスメニュー】

レガシーOS救済パック

お客様の「こうしたい」にお応えします

新しいOSに移行すると費用が高いので別の方法を検討したい!

物理Windowsサーバを仮想環境に移行して延命させたい!

レガシーOS救済パックとは
Windows Server 2003上で稼働しているシステムを仮想サーバに移行することで、ミドルウェアのバージョンアップを行わず、低コストでのシステム延命を実現します。
本サービスは、サーバ移行後のバックアップおよび電源障害対策を考慮したパッケージサービスです。

  • ページの先頭へ

サポート切れOSを安全に利用! Symantec Data Center Security

お客様の「こうしたい」にお応えします

・サポート切れのOSはいずれは移行するが、それまでは安全に利用し続けたい!
・最近流行っている脆弱性をついた「ゼロデイ攻撃」の対策をしたい!
・Windowsだけでなく、Linux、Unix、Solaris、ESXなども対策したい!

Symantec Data Center Securityとは
IDS(不正侵入検知システム)とIPS(不正侵入防御システム)をサーバー単位に実装して、脆弱性を封じ込めるソフトウェアです。

さらに、IDSやIPSなどでは防ぎきれない脅威に対して、「必要なアプリケーションしか動作させない」設定や、「アクセスするデバイスを制限する」機能などで防護します。

Symantec Data Center Securityの概要

  • ページの先頭へ

Windows Server 2012 R2 への移行

Windows Server 2003の移行先は、最新OSのWindows Server 2012 R2を推奨しております。

推奨理由

  • Windows Server 2003が主に利用されている頃に比べてハードウェアの性能も大幅に向上しております。
  • Windows Server 2012 R2は、2023年1月10日までサポートがあるので、長期的に利用できます。
  • Windows Server 2012 R2は、仮想マシン2台分のライセンスが標準で提供されているため、仮想サーバとして利用することもでき、1台のサーバ上で2台のマシンを利用することができます。

※ Windows Server 2003の仮想環境への移行も承っております。

Windows Server 2012 R2 への移行

【サービスメニュー】

ファイルサーバ移行サービス

お客様の「こうしたい」にお応えします

・ファイルサーバ内にある不要ファイルを自動選別して、効率よく移行したい!

・サーバを止めずにデータを移行したい!

ファイルサーバ移行サービスとは
最新のOS環境への移行やクラウド、ハイブリット環境への移行、BCP対策などの見直しを検討する重要性が高まっております。
ニッセイコムでは豊富な移行経験をもとにお客様に最適なソリューションを提案いたします。

ファイルサーバ移行サービス

  • ページの先頭へ

グループウェア移行サービス

お客様の「こうしたい」にお応えします

・新サーバにデータも含めてそのまま移行したい!

・この機会に既存のグループウェアからサイボウズに移行したい!

グループウェア移行サービスとは
サイボウズ社製「ガルーン3、Office10、デヂエ、メールワイズ、Kintone」の移行、構築支援を行なっております。
既存のグループウェアから「サイボウズ製品に乗り換えたい!」などのご相談も承ります。

グループウェア移行サービス

  • ページの先頭へ

ホスト/メインフレーム・オフコンシステムのオープン化

ホストコンピュータは、国内にまだ数千台残っていると言われておりますが、レガシーシステムの開発者がおりません。

レガシー言語から脱却し、新システムを構築したい。オープン化による現場の混乱・生産性の低下等を最小限におさえたい、というユーザに最適なソリューションをご紹介します。

レガシーシステムオープン化ソリューション HostFramework

ホスト/メインフレーム・オフコンシステムのオープン化でお困りではありませんか?
「継承と拡張」「保守性の向上」と「優れた運用性」をポイントにオープンシステムへの切り替えを「HostFramework(ホストフレームワーク)」で支援いたします。

お客様の「こうしたい」にお応えします

・システムを移行したいが、それにより生産性が低下しないか心配!
・システム移行により、管理が簡単で保守性の高いシステムにしたい!
・現状のシステム以上の運用性・信頼性を実現したい!

レガシーシステムオープン化ソリューション HostFrameworkとは
「継承と拡張」「保守性の向上」と「優れた運用性」をポイントにオープンシステムへの切り替えが可能なニッセイコム独自の「開発手法」です。
これにより、最新の開発技術やOSまた最新の他ツールと連動し、ホスト/メインフレーム・オフコンシステムと同等以上の運用性・信頼性を実現します。

レガシーシステムオープン化ソリューション HostFramework

  • ページの先頭へ

ニッセイコムの製品・ソリューションに関する資料請求・ご相談はこちら

お問い合わせは、問い合わせフォームまたはお電話、Email、FAXで受け付けております。
Email:nc@nisseicom.co.jp / FAX:03-5742-7893

資料請求・お問い合わせはこちら

弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JEPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。

「働き方改革」ソリューション・業務効率化のご提案

企業の未来を創るビジネスコラム「ひらめきのタネ」