このページの本文へ移動

東リ健康保険組合様(GrowOne 健保 導入事例)

東リ健康保険組合様

お客様の声

「『機能』と『サポート』の両面を評価し、他社製パッケージから『GrowOne健保』にリプレースしました」

導入製品

東リ健康保険組合の皆さまに、ニッセイコムの健保基幹業務パッケージ「GrowOne 健保」の導入経緯や選んだ理由、導入後の評価などを伺いました。

<写真>

〔東リ健康保険組合〕
 常務理事 西川均氏(中央右)
 事務長 古川誠二氏(中央左)
 事務長代理 安田信也氏(左から3番目)
 魚谷眞理恵氏(左から2番目)
 篠原寛氏(右から3番目)
〔弊社〕
 営業 秋山(右端)、SE 山口(左端)、SE 西岡(右から2番目)

導入の背景・目的

これまで使っていたパッケージのリプレースを検討

— はじめに「GrowOne 健保」の導入経緯を教えてください。

東リ健保では、以前まで他社製の健保業務パッケージを導入していましたが、ハードウェアの切り替え時期が来たことを契機にリプレースを検討しはじめました。

検討することになった一番の理由は法改正対応でした。パッケージを提供していたITベンダーは関西に拠点が無く、直接足を運んでいただくことが困難でした。そのため法改正の際には更新プログラムの入ったCD-ROMを送っていただきこちらで作業をしていたのですが、エラーが起こる度に電話やメールで指示を受けながら対処するのに苦労していました。リモート接続でサポートもしていただくのですが、複数の端末で異なるエラーが出るような問題の解決は、リモートだけでは難しかったです。

近年、法改正の頻度が高まるにつれて、不具合対応に追われる時間も増加傾向にありました。そこで、より良いサポートを提供してくれるITベンダーや、より優れたパッケージが見つかれば、このタイミングでリプレースをしようと考えました。

健保業務パッケージを持ついくつかのITベンダーに声をかけ、デモも見せてもらいました。比較検討の結果、ニッセイコムの「GrowOne 健保」を選びました。

  • ページの先頭へ

選定ポイント

「GrowOne 健保」のどのような点を評価したか

— 候補パッケージの中からニッセイコムの「GrowOne 健保」を選んだ理由を教えてください。

事務長代理 安田信也氏

まずサポートの面から申し上げると、ニッセイコムはこれまで使っていたベンダーとは違い、大阪に拠点があり、いざという時に直接足を運んで対応していただけるという点がありました。加えて、構築を行ったSEの方が稼働後のサポートについても担当していただけるとのことで、安心できると思いました。

また機能面については、デモを見た段階で以下のような所が魅力的だと感じました。

<オールインワンのシステムであること>
従来までのシステムは、レセプト情報管理等のいくつかの業務についてはオプションシステムを継ぎ足す形で構成されていました。それに対して「GrowOne健保」は必要な機能がオールインワンで備わっています。データベース連携等の必要が無い分、リスクが低くメンテナンスもしやすいと考えました。

<業務メニューの分かりやすさ>
デモ画面を見た時点で「GrowOne健保」は使いやすそうだと思いました。業務メニューをタブで切り替えられることや、プルダウンで必要な項目を見つけやすかったからです。加えて個人別によく使うメニュー項目を登録できる点もいいなと思いました。

<汎用検索機能>
全てのテーブルのデータを自由に検索・抽出し、CSV形式で出すことができる点や、抽出パターンの登録もできる点が魅力的でした。従来までのシステムはAccessベースで、コマンドを使うなど欲しいデータを取り出すことに苦労していました。

<帳票作成の効率性>
適用の資格取得/喪失などの帳票作成に際して、従来までのシステムでは手作業が多く発生していました。「GrowOne健保」は月ごとの該当者の自動リストアップや、帳票の一括出力など、細かい部分で効率化できることがたくさんあると思いました。

以上のような理由で「GrowOne健保」の採用を、2013年5月に決定しました。
構築、前システムからのデータ移行、並行稼働等を経て、2014年初めから本稼働を開始しました。

  • ページの先頭へ

導入効果

導入前に心配していた事と、実際に苦労した事の違い

— 新しいパッケージを導入するにあたって心配していたことはありますか?

事務長 古川誠二氏

「GrowOne健保」の導入を決めた時点で心配していたことと、実際に導入作業を経験してみて苦労した部分は異なっていました。

実は、当初一番心配していたのは「GrowOne健保」の機能の豊富さでした。前述の通り魅力的な機能が備わっている一方で、階層別権限設定などの大規模健保向けの機能も多くありました。私たちの規模だと持て余してしまうのではないか、「前のほうが使いやすかった」という事態になってしまったらどうしようと思っていました。

しかし、いざ使ってみると、機能が多いからと言って使いにくいという事はありませんでした。多機能であることと、使いにくさは別でした。最初の1年間は今までやっていた事を確実にやることに専念していましたが、馴れるにつれて様々な機能を試し始めました。

こんな便利な機能もあるのか!というような発見は今でもあります。さまざまな局面で、業務の効率化、時間の短縮ができています。


— では、実際に苦労されたことは何でしょうか?

最も苦労したのは、前のシステムからのデータ移行でした。設計思想の異なる別々のパッケージですから、ある程度手間がかかることは予想していましたが、想像以上でした。

移行させるデータに不備があったとしても、移行元のシステムを提供していたITベンダーは積極的に協力してくれるわけではありません。他社に乗り換えるという話ですから仕方のない事だと思います。自分たちで何とかしなければいけないのですが、思っていたよりもデータの欠落が多く、これは困ったなという状態でした。

幸い、ニッセイコムのSEは他社製品からのリプレースの際にどういう事が起こりうるかをよく知っていました。欠落部分のデータを作って入れてくれる等、様々な手でサポートをして頂けました。時間はかかりましたが、無事データ移行を完了させることができました。

稼働当初から続いている「定例会」

— これまでのニッセイコムのサポートについて評価をいただけますか?

ニッセイコムは営業もSEも健保業務に詳しく、問い合わせのレスポンスも良いと思います。パッケージだけではなくハードやネットワーク、セキュリティ等にも詳しいので、切り分けをせずに色々な相談ができるので助かっています。

ニッセイコムからの提案で、稼働当初から毎月1回の「定例会」を続けています。
私たちは困った事があると何でもすぐにニッセイコムに相談をするのですが、その中には重要度や緊急度の異なる問題がバラバラに混じっています。私たちのほうが何を相談したのかを忘れてしまうことも少なくありません。

常務理事 西川均氏

ニッセイコムは解決すべき項目のリストを毎月作成し、解決済項目の確認や、時間のかかる項目の進捗状況などを丁寧に説明してくれます。現在困っていなくても、今後のために次はここを変えていきましょうという提案を受けることもあります。この定例会があることで、これまで2年間安心して稼働させることができましたし、少しずつ活用のレベルを高めることができていると思っています。

— ニッセイコムにリクエストはありますか?

これまでは健保業務の効率化、作業時間の短縮に力を注いできましたが、今後はデータの分析や活用に力を入れていくことになると思います。そういった点についても色々な経験やノウハウをお持ちかと思いますので、サポートを頂ければと思っています。また「GrowOne健保」のユーザー同士が交流できる場を東京で開催されていますが、関西での開催も企画していただけると嬉しいです。利用者同士が情報交換をしたり、業務の悩みを共有できたりする機会があると、結果的にGrowOneの価値も高まっていくと思います。

お忙しい中、ありがとうございました。

  • ページの先頭へ

お客様について

<東リ株式会社について>
大正8年(1919年)に東洋初のリノリューム(床材)を製造販売する「東洋リノリユーム株式会社」として設立。1991年に「東リ株式会社」に社名変更。塩ビ床材、カーペット、カーテン、壁装材へと事業領域を拡げ、日本のインテリア業界をリードしている。
また、2019年には創業100年を迎える。

<東リ健康保険組合について>
1975年に設立された、東リグループの従業員・退職者とその被扶養者を加入対象者とする健康保険組合。

東リ株式会社様

本社所在地 兵庫県伊丹市東有岡5丁目125番地
設立年月日 大正8年(1919年)12月1日
従業員数 1,732名(連結 平成27年3月現在)
売上高 90,806百万円(連結 平成27年3月期)
Webサイト 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東リ株式会社(外部サイト)

2016年4月取材。
このページの情報は取材日時点のものです。
現時点では変更になっている場合もありますのでご了承ください。

  • ページの先頭へ

導入製品

GrowOne 健保は健康保険組合の業務である適用・徴収業務、給付業務、レセプト情報管理・分析 、特定健診・特定保健指導などをトータルサポートするオールインワンシステムです。

  • ページの先頭へ

ニッセイコムの製品・ソリューションに関する資料請求・ご相談はこちら

お問い合わせは、問い合わせフォームまたはお電話、Email、FAXで受け付けております。
Email:nc@nisseicom.co.jp / FAX:03-5742-7893

資料請求・お問い合わせはこちら

弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JEPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。