このページの本文へ移動

追手門学院大学様(教育研究システム 導入事例)

追手門学院大学様

お客様の声

6,500人が利用する教育研究システムのリプレースを安心して任せられるかどうかを見極めるポイントは、候補企業の『足の運び方』でした。

導入製品

ニッセイコムを選んだ経緯やポイントを、総合情報教育センター事務長の仲西章氏(写真中央右)、有田裕貴氏(右から2番目)に伺いました。

※写真中央左:総合情報教育センター係長 天野正実氏、左から2番目:同係長 横井博至氏
左端:弊社 関西第二システム本部 システム第二部第一課 課長代理 秋田
右端:弊社 関西営業本部 営業第三部 公共・文教ソリューショングループ 主任 野間

導入の背景・目的

ニッセイコムに教育研究システムのリプレースを依頼

― 追手門学院大学では、ニッセイコムに何を依頼したのですか。

追手門学院大学はニッセイコムに、教育研究システムのリプレースを依頼しました。
「教育研究システム」には、学生や教職員が使うPCやソフトウェア、学内に設置するサーバ、ネットワークなど一連のものを含みます。
2008年の秋学期から、新システムを使用しています。

 <主なシステム構成>

  • ブレードサーバ等×約60台
  • ディスクアレイシステム装置(約18TB)×1台
  • アプライアンス製品×約30台
  • PCクライアント(シンクライアントPC含む)×約1,000台
  • プリンタ×80台

リプレースの経緯

― 教育研究システムのリプレースまでの経緯を教えてください。

(有田氏)通常、教育研究システムは3~5年ごとに入れ替えをします。
理由は大きく分けて2つあります。

理由1:学生へのサービス

→情報機器が進歩するスピードはとても速いです。学生が社会に出たときに役立つように、その流れに追いつかなければならないと考えています。

理由2:安定した運用

→導入時には先端だったシステムも、年月が経つにつれ老朽化し、故障も起こりやすくなりました。ネットワークの中を行き交う情報量に回線が追いつかなくもなりました。場合によっては、ハードやシステムのメンテナンスが途中で打ち切られることもあり、安心して利用できる環境を学生や教職員に提供するためにも、リプレースが必要となります。

追手門学院大学では2006年秋からリプレースの検討を開始しました。投資金額が非常に大きな案件になりますので、2007年春に検討部会を立ち上げました。その後学生や教職員の要望をまとめ、業者の選定に入りました。
2007年秋に学内決裁をいただき、ニッセイコムへの発注が決まりました。

提案を辞退する業者もあった、教育研究システムの難しさ

― 業者選定の経緯を教えていただけますか。

(仲西氏)最初に、5社に声をお掛け致しました。しかし、提案を辞退される会社もいくつかありました。
業者選定については、提案内容はもちろんのこと、教育研究システム構築の実績や膨大なノウハウをもっているかも含め、比較検討し熟考のうえ、選定しました。

― 「教育研究システム」の実績やノウハウとは、具体的にはどういうものでしょうか。

いくつか挙げると、以下のようなものがあります。

  1. 広範な分野のとりまとめ
  2. 短期間での構築
  3. 「学生および教員」や「教育」の視点に立った構築

ポイント(1)広範な分野のとりまとめ

― では順にお伺いします。まず(1)広範な分野のとりまとめとは。

教育研究システムは、ネットワーク、サーバ、PC、アプライアンス、セキュリティ等多岐に渡ります。規模も大きなものです。

コストには限度もありますから、単純に「全てにおいて最新・最高のスペックの機器を用意できます」では困ってしまいます。こちらからの要求を整理し、どこにお金をかけるべきかを押さえた、メリハリのついた設計が求められると思います。

ポイント(2)短期間での構築

― 次の(2)短期間での構築とは。

システムのリプレースは、学生が休みの間に行われます。学生へのサービスと考えると、新学期が始まったのにシステムが使えない、という状況は許されません。

休みの期間でも、補講などもあります。そうするとリプレースに割くことができるのは、とても短期間です。その期間の中で確実に作業を終えてもらうためにも、大学側は、依頼する業者の体制や段取りの良さを見極めなければならないと考えます。

ポイント(3)「学生および教員」や「教育」の視点に立った構築

― 最後の「学生および教員」や「教育」の視点に立った構築とは。

教育研究システムは、一般企業のシステムとは異なります。利用者は学生および教員であり、目的は教育です。学生や教員が使う事を考えると、「設計に手間がかかったとしても運用時の負担が減らせるところ」や、「今後の授業のあり方を考えると、予め冗長性を持たせておいたほうがよいところ」があります。

外部からのアクセスや無線LAN等の環境整備を、「最新だから」と言って採用することは簡単です。ですが「何のために」という部分をおろそかにしては、良いシステムはできないと思います。

追手門学院大学は、以上のようなポイントをクリアできるような業者を選ばなくてはなりませんでした。

  • ページの先頭へ

選定にいたったポイント

ニッセイコムの「足の運び方」をずっと見ていた

― そのような「教育研究システム構築のポイント」をニッセイコムがクリアできると、どうやって判断したのですか。

(有田氏)最終選考に残った3社は、会社の体制などは同等でした。この3社の中には、これまで長い間追手門学院大学の教育研究システムを任せていた会社も含まれていました。検討部会では「今までと同じ業者のほうがいいのでは」という声が無かったわけではありません。

それでもニッセイコムを選んだのは、やはり、頻繁に足を運んでくれたからでしょう。

― それは一番「熱意」を感じた、というような意味ですか。

それもあります。ただ、単純な訪問回数という意味ではありません。
提案をする上での下見として、ニッセイコムは頻繁に追手門学院大学に来てくれました。ネットワークを配線するために、教室の広さや学内の構造も細かく調べてくれました。

いろいろな質問を受けましたが、「ニッセイコムはちゃんと考えてくれている」「大学のシステム構築経験が無いとできないような質問をしている」と感じました。

業者選定の際には細かい比較表を作りましたが、項目の中にはそのような「下見の仕方」なども含まれていました。その結果、安心して任せられる業者としてニッセイコムを選びました。

  • ページの先頭へ

今後の展望

ニッセイコムへのメッセージ

(仲西氏)発注後も、ニッセイコムは期待通りの働きをしてくれました。スケジュール通りにリプレースも完了し、学生や教職員からも「使いやすくなった」という声が総合情報教育センターに寄せられています。

(有田氏)これだけ大規模なシステムになると、運用してから気づく問題点がどうしても出てきます。ニッセイコムは自分から問題点を見つけてフォローしてくれます。頼もしいですし、選んで良かったと思いました。
これからも良い環境を学生や教職員に提供し続けるために、ニッセイコムに期待しています。今後ともよろしくお願いします。

  • ページの先頭へ

お客様について

(仲西氏)追手門学院大学は、大阪府茨木市にキャンパスを持つ私立大学です。教育理念にもとづき、自主・自由・自立の精神を尊重した教育をおこなっております。

追手門学院は1888年に創設されました。大学は1966年に創設、現在は5学部8学科、学生数は大学・大学院合わせて約6,500名です。(2008年5月現在)

追手門大学様

所在地

〒072-641-9608
大阪府茨木市西安威2丁目1番15号

創設年月日 1966年(昭和41年)
学生数 6,283名
資本金
Webサイト 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。追手門学院大学
(新規ウィンドウ表示)(外部サイト)

お忙しい中、ありがとうございました。

2008年12月取材。
このページの情報は取材日時点のものです。
現時点では変更になっている場合もありますのでご了承ください。

  • ページの先頭へ

導入製品

学生や教職員向けのPCやソフトウェア、学内に設置するサーバ、ネットワークをワンストップでご提供。

  • ページの先頭へ

ニッセイコムの製品・ソリューションに関する資料請求・ご相談はこちら

お問い合わせは、問い合わせフォームまたはお電話、Email、FAXで受け付けております。
Email:nc@nisseicom.co.jp / FAX:03-5742-7893

資料請求・お問い合わせはこちら

弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JEPDEC)より、プライバシーマーク付与認定を受けています。